スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姑の告白

2009-09-29

姑とは、あまり上手くいっていませんでした。

自分の息子のする事は100%許せるが、嫁は全否定したい、という気持ちを包み隠さずダイレクトにぶつけてくる方でした。

夫の暴力に関しても、

「原因は、あなたがK君を上手に立てないから。」
「夜の生活も含めて、K君の言うとおりにしていればいいのだから。」
「あなたと結婚してから、K君は変わった。」

と、千本ノックのように言葉を浴びせられました。

後に、夫が私と出会う以前からも、度々乱暴を振るっていた事が発覚しました。
(姑自身、乱暴されたそうです。他にも、昔の彼女の家の壁に、暴れて穴を開けたり。服をびりびりに裂いたり。。。)
姑は、そういった事実を知っていながら、私のせいで優しい夫が激変したと非難していたのです。

実の息子の欠点・非は認めたくない、直視したくない。
それに尽きると思います。

他人や環境のせいにして、不都合な真実は否定するスタイルが定着していたのでしょうね。


そんな姑が、ペネロペに診断が下る直前、田舎から我が家に遊びに来ました。

地域の発達相談センターで療育を受けはじめた頃だったので、今年の初春でしょうか。。。

心理士や保育士からの話を、姑にも伝えました。
ペネロペの言動から、”普通ではない”のは、伝わっていたので。

それに、ペネロペの不都合な真実を否定(?)してくれる人が、欲しかったのかもしれません。
夫を100%保護するのと同様、姑が実の孫であるペネロペを100%保護するのを、期待していたのかもしれません。
それが、例え不健全な形でも、溺愛や過保護であったとしても、ペネロペには、寵愛してくれる人が必要に思えました。

しかしその晩、夫や子供達が寝た後に、姑は打ち明け話を始めました。

姑の従姉妹で、とびきり美しい少女がいた。
しかし、障害が発覚した後は、美しい顔も、崩れていってしまった
、と。

”この話はどこに行くのだろう?”、と戸惑いました。

姑は続けます。

その子は、持参金付きで施設に入れられ、その存在は親戚中から消された。
兄弟の結婚や、その他の身内の足を引っ張るといけないので。


その当たりから、吐き気がして来ました。

その子は、実家からさほど遠くない所で暮らしているが、実の親とも面談などの行き来は無い。


姑は、私の目を見ていませんでした。

その子は、同じ障害を持った人と、結婚したらしい。
その子も夫も、障害を持った子が産まれるといけないので、子供は持たないつもりらしい。
本人も、仕方ないと思っているらしい。


姑はしめくくりました。

それしかないし、それで良かったのだろう。

十人十色です。
考えが色々あるのは分かっています。

しかし、私は絶対にそう思えない。
幼い頃に家族から引き離されてしまった、その方の境遇。。。
想像しただけで、涙が出ます。

そして、ペネロペで想像すると、寒気がします。。。

私が健在なうちは、そういった提案が出たとしても、断固反対しようと思いました。
”私には経済力もある。夫には頼らなくてもいい”、と思いました。

ただ、私に何かあったら?
答えが出ません。。。

私は打ちのめされました。

次の日、夫にこの話をしました。
彼のスタンスを確認したかったのです。
少しでも、安心したかったのです。

しかし、夫すら、姑の従姉妹の存在を知りませんでした。
いくら姑でも、そんな嘘はつかないでしょう。
つまり、身内の夫にすら、精神障害を持つ親戚の存在は、隠されていたのです。

姑の両親はいとこ同士の結婚で、いわゆる血が濃い結婚です。
それで障害者が親類にいると、色々と邪推・噂されてしまうから、というのもあるのでしょう。

自分が何故、ペネロペの療育にこだわるか(焦るか)。
起源は、この日にあるように思えます。


私に何かあっても、誰かが、ペネロペから色々な選択肢を奪わないように。

生まれてきて良かったと、感じる事の多い、人生を送って欲しい。
そのためにも、社会性・自立を身に付けさせてあげたい。。。


こんな重い話ばかりで、ごめんなさい!

どうか、すっと読み流してください。
自分の感情の処理の為に、書いているようなものなので。

ここで、子供と笑顔で接する為のガス抜きをさせてもらってます。
(どこかで、吐き出さないと、毒が溜まっていって、どうにかなってしまいそうで。。。)

コメント・アドバイス・励ましを下さる皆さん、いつもありがとうございます。
優しいお言葉に涙をほろりとこぼしたり、客観的・冷静なアドバイスに目からウロコだったり。。。

ブログを始めて、本当に良かったと思っています。

皆さんに、幸がありますように。。。
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

身の丈

2009-09-28

余裕が無いのは、周囲にも歴然。
私も自覚しています。

会社勤め、家事・育児、体の弱い下の子・ドキンちゃんの看病で、ただですら、時間は無いです。
そして、裁判所から保護命令を出してもらっているとはいえ、保護命令すら破ってしまう、ストーカー化しているDV夫への対応・対策で、おおわらわです。

ですが、ペネロペへの療育は、「早期療育が大事なんだから!!」、と自分にはっぱをかけて、絶対に取り組みたいと思っていました。

自らの道を切り開いていける、力とスキルを授けたいのです。
もし将来、私に何かあった時、側にいて守ってあげれない時の為に。
大事な子だから。。。

どんなに大変でも、”家庭の状況”を理由に療育を諦めるなんて、絶対に嫌でした。
「今の状況は、ペネロペの責任じゃない。それなのに、ペネロペの可能性の芽をつんでしまったら、可哀相だ。」、と思っていました。

子供にも乱暴をする夫を選択してしまった、見る目の無い自分。
子供に安心できる家庭を提供してあげれなかった自分。

そんな罪深い自分が、”しんどい”と思う権利などなく、Give-upするなんて、もっての他だと思っていました。

でも、どうあがいても、余裕が無いと、家庭療育も上手くいかないのですね。

ABAは、楽しく過ごしてなんぼのはずです。
強化する時も、一緒に喜んであげるべきです。
しかし、無理のある気合でテンションをあげて、不自然でした。

ペネロペとの接し方にしても、「ABA的にはどうだろう?」、と常に自問していました。
せっかく一緒にいれる、限られた時間。
なのに、自然に楽しむ事が、できなくなっていました。

ペネロペが、”遊ぼう”と誘いかけてきても、家庭セラピーへ誘導するばかり。

寂しかったと思います、ペネロペ。

数日前、疲れて放心状態になっていたら、「ママ、なんで怒っているの?」、と聞かれて、胸が衝かれました。

認知の力が弱いのかもしれませんが、どういう理由であれ、ペネロペには、疲れている私が怒っているように見える。。。

こんな毎日、ペネロペにとって、楽しいのだろうか?
幸せだろうか?

”将来の幸せの為に”、と思ってこその家庭療育。
でも、足元の毎日が幸せでないのに、将来、突然、幸せになれるだろうか?

自助スキルが身についたとしても、親との楽しい記憶が無いまま育って、ペネロペは幸せな人生を送れるだろうか?

家庭でのABAセラピーは、やりたかったです。

正しいアプローチでコツコツとこなし、成長の手助けをしたかった。
可能性や希望を見出したかった。

でも、フォーマルな家庭セラピーは、落ち着くまでは、延期にします。

私は、療育者である前に、母親です。
母親として、しっかりと子供に接する事ができ、その上で、療育にも取り組める余裕ができた時には、また再開したいと思います。

フォーマルなセラピーはチルドレンセンターにお任せして、自宅では、ペネロペとのスキンシップを大事にしていこうと思います。
その上で、家庭生活で取り組める、無理の無い、ペネロペとのやり取りを指導してもらおうと。

これが、私の身の丈。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

チルドレンセンター: 個別指導計画書(IEP) & ファミリーミーティング

2009-09-25

チルドレンセンターのセラピストの方には、とてもお世話になっています。
皆さん、とてもいい方ばかりで、ペネロペもお姉さん達が大好きです。

ですが、困っている事もあって。。。

入会前の説明にあった、月に一度の、個別指導書(IEP)を受け取れないのです。

ホームページにも、

(4) 個別指導計画書 作成 (IEP)

お申し込みをいた方には、IEPを作成いたします。
IEPとは、現在 日本の教育現場でもようやくとりいれられたものです。おこさんがもっとも必要としている課題を明確にして、目標をたてこなしていきます。
毎回のアセスメントをもとに1ヶ月単位のIEPをそれぞれのおこさんに ご家族と一緒におこさんの伸ばしてあげたいところから、全エリアにおいてカリキュラムを作成します。


と、書いてあります。

しかし、入会してから4ヶ月、一度も受け取れていません。

二ヶ月以上前(7月半ば)に、「最新版の指導計画書をいただけますか?」、とお願いしたところ、
「xx(スーパーバイザー)が伺って、セラピーの様子を見てからになります。」、との返事が来て、その訪問が、一ヵ月以上先の8月末だったかしらん?
そして、未だに、指導計画書を受け取っていない気が。。。
(それとも、余りに疲れて、健忘症??それはそれで、ヤバイ。。。)

今、受け取っても、一ヶ月前のペネロペの状態ですし、なんだかなぁ。。。

同様に、月に一度のスーパーバイザーとのミーティング(ファミリーミーティング)があります。

これも、個別指導書同様、月謝に含まれているとの説明だったのですが、セラピー開始から2ヶ月経った頃に、お願いしまくって、やっと実現できただけでした。
今後、ありそうな気配はありません。

「あれ?おかしいな??」、とは思ったものの、強く言えない私。
相手を怒らせて、「じゃあ、セラピー止めますか?!」、と言われるのが怖いのです。

ですが、私にとっては重要な意味合いのあるミーティングです。
それも含めた月謝だと思って、高額でも、貯金を切り崩して、お支払いしています。

なので、切りだしてみました。

すると、

「必ずしも、毎月やるものではありません。必要と考えた時だけです。」、と言われてしまいました。
基本、”チルドレンセンターが必要だと考えた時だけ”、行うもののようです。
そして、ペネロペに関しては、必要ないのかな?

私にとっては、ペネロペへの対応に困っており、非常に必要だと考えています。
こういった”キチン向き合える場”で、今のペネロペの状態に特化した、プロによるABA的処方を受ける事は意義深いのです。

”毎日、子供が誰かと漫然と時間を過ごしているのではない”
”科学的根拠に基づいたABAアプローチを熟知したスーパーバイザーの監督のもと、しっかりと今の状況にあったプログラムを組んでもらっている”

と、納得する為の場でもあります。
やはり、大事。

流してしまうと、後悔する事は分かっています。
気まずくなるのを恐れず、腹を割って、話してみようと思います。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

切れてしまいました。

2009-09-22

ペネロペに激しく切れてしまいました。

最近、異常に疲れているのは自覚していました。

ABAセラピーをしようと思っても、家事や諸々の雑用で一日が過ぎてしまいます。
せっかく休みの日に時間があっても、何も分からない下の子・ドキンちゃん(1歳2ヶ月)が参加してしまい、全然うまくいきません。

結果、ペネロペの私に対するコンプライアンス(従順度)がゼロなのです。
診断から5ヶ月が経ったのに。。。

とにかく、何を言っても、聞きません。
でも、私の注目や関心は欲しいらしく、問題行動ばかり繰り返し、内容もエスカレートする一方です。

チルドレンセンターのセラピストの方にも報告・相談をするのですが、それを側で聞いていて、「ママが自分の批判をしている。」、と感じるらしく、叩いてきたりします。
(自分のマイナス面を話されるのは、当然、聞いていて辛いですよね。)

そんな時、下の子・ドキンちゃんが、ベビーバスの中で大量のウンチをしてしまいました。

慌しく、泣き叫ぶドキンちゃんをシャワーで洗い、バスタオルで拭き、服を着せている間も、ペネロペには声かけをしました。
「お風呂場で、ドキンちゃんがウンチをしてしまったけど、触らないでね~!」、と。

しかし、ペネロペはお風呂場に入り、ウンチめがけて水圧最大で水をかけてしまいました。
勢いでお風呂場中に飛び散るウンチ。。。

その瞬間、思いっきり切れてしまいました。
今までのストレスや思いを、全て吐き出すかのように。。。

「どうして、そんなことするの?」
「”触らないでね”って、お母さんの言葉、聞こえていたよね??」
「どうして、意地悪するの?」
「お母さんが大変なの、分かるでしょ?」
「お母さんの事が嫌いなの?」
「お母さんが困るのが嬉しいの?!」

次から次に、まだ3歳にもならない子に、浴びせかけてしまいました。

”激しく叱ったら、ペネロペの魂に、私の言葉や気持ちが届くかも?!”、って思ったんです。。。

でも、通じないみたいです。
目は、どこか遠いところを見つめていました。

障害があるのだから、無理なのでしょうか。

自閉症だけでなく、ADHDもある。
頭では理解しようと、努力しています。

でも、気持ちは別なのです。

私は、まだまだ、あがいています。
これからも、きっと。

ペネロペに気持ちが通じて欲しい。
大変な時こそ助け合う関係を作りたい。

言葉数は多いものの、心がなかなか通じない、ペネロペの抜け殻と生活しているみたいで、とても寂しいです。

どうして、”存在してくれるだけで嬉しい”、と思えないのだろう。
ペネロペが一番かわいそうなのに、無いものねだりをして、ペネロペを困らせるわたし。。。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

FC2ブログランキング

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。