スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PARSの数値

2009-10-03

広汎性発達障害&ADHDの診断を4月に受けたペネロペですが、昨日初めて、PARSなるものを受けました。

親に対して質問票を問診するのですが、夫々の質問が、「一番ひどいピーク時はどうでしたか?」「今では、どうですか?」、という聞き方をしているのが面白かったです。

結果は、「ピーク時は52点。現在は40点。」、と12点の改善らしいです。
ピーク時は、恐らく去年の秋から今年の春くらいの時期だと推察しています。

先生いわく、ABAを始めて4ヶ月で、着実に成果が出ているのだろう、との事でした。

私もそう思います。
ペネロペは人との受け答えが、かなりスムーズになりました。
相変わらず、一本調子なところがあるのですが、ABAによってパターンが増えた分、自然度が増したのです。

しかし、健常児とのボーダーは8点(7点だったかな?)らしく、やはりペネロペは自閉症なのだなぁ、と実感した瞬間でもありました。

という事は、健常児にとってはたやすい発達でも、本人は血の努力でマスターしているはず。
もっと、本気で褒めてあげなくっちゃ!
(できない事に焦って、ついつい責めてしまいます。。。)
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。